〈フォローアップ特別セッション〉

〜適応とタイプの強み  無自覚にソンをしないために〜

開催日 次回未定



 
mbtiのタイプの強みを活かしていくために知っておいた方がよいこと。

社会構成主義の観点から、所属する場でのタイプの影響や、自分のポジションを見ていきます。

 

今いる場を観察しながら、強みや持ち味を自分なりに発揮するためのヒントが得られる特別セッションです。

 


 

どのぐらい仕事や人間関係がうまくいきやすいかは、

タイプだけでは決まりません。

同じタイプでも成熟度によって変わってきます。

 

また、今所属している組織や集団のマジョリティや価値づけ、

無意識的に「こういうもの」と皆が思い込んでいる文化。

個人の適応やタイプ発達の面で大きな影響を与えます。

 

特に日本では、I内向を指向する人とN直観を指向する人は、

組織内や地域コミュニティでは少数派となりやすいため、

浮いた存在のようだった経験を持つ方が少なくありません。

 


 

今回のフォローアップセッションでは
タイプと社会構成主義の観点をベースに、

個人の居場所感、ランクの概念、ハロー効果など、

思い込みと錯覚について理解を深めていきます。

 

それらを現状のポジショニングから観察、俯瞰しつつ、

過小評価で損をしないよう、

さらにはリソースとしての活用の可能性を

 ワークをしながら見ていきます。

 


 

【内 容】

 

・日常とタイプの振り返り

・魅力や強みが外界内界どちらで働いているか


・職場やコミュニティや浮いてしまう構造

・社会構成主義とタイプのマジョリティ

・自己肯定感とポジショニング、ランクの概念

 

・認知のバイアスとハロー効果の大きさ

・思い込み錯覚資産の構造と活かし方

 

  ※予定


日程 次回未定

時間  13:00-18:30

〈参加費〉

〈定 員〉10名

〈会場〉江東区内の会議室


お申込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

自動返信メールはありません。3日以内にご案内が届かない場合はメールにてお知らせ下さい。





どのタイプでも自分が所属する環境によって、

自分を過小評価をしている/されているケースはあります。

 

本来の強みをイキイキと発揮できていない状態があるとすれば、

それは、本人にも、社会にとっても損失。

 

現状の思い込みや錯覚について知り、自分のポジションと効果的な環境との関わり方、行動を考えていくワークセッションです。